スポーツの監督やコーチ

MENU

最強ドリブル塾の内容は?

強いサッカー選手になる要素の一つに、ドリブルのテクニックがあります。ドリブルの凄い選手がチームに居れば的チームは翻弄され、ゲームの流れを掴むことができます。それだけドリブルとはサッカーで最も重要な要素を持っているのです。

 

最強ドリブル塾は、子供のうちにドリブルのテクニックを学ぶためのプログラムが詰まっています。ただ、サッカーに疎いという親でも、子供のうちは最強ドリブル塾のDVDを一緒に観て時にはサッカーの練習にも付き合ってあげて下さい。そうすると子供も親とサッカーの楽しみも共有できて、ますますサッカーの練習に熱が入るようになりますよ。

 

実は海外の選手が子供の頃は、パスを回すことよりも必死にドリブルをして相手を抜くことを考えていたという人が多いのです。ドリブルは大きくなってからでは、なかなか身に付かないのだそうです。こんなことを知ってしまったら、ますます、最強ドリブル塾で子供のドリブルテクニックを上達させてあげたいという気持ちになってしまいます。何かの機会に最強ドリブル塾を買ってあげるのもいいですね。

川島和彦という少年サッカーの指導者

川島和彦とは、JSCCHIBAの代表を務めている方のことです。JSCCHIBAはジュニア、ジュニアユース、社会人の3つの年代に分けたサッカー選手育成チームのですが、川島和彦はそこでU-12の監督もしています。

 

川島和彦は子供のうちにドリブルのテクニックを教え込んだ方がいいという考えで、自らのノウハウを元にジュニア向けのサッカープログラムDVDを監修して発表しています。地理的な問題でJSCCHIBAに参加できない人もいるでしょうが、そんな人でも、川島和彦が考案したDVDでドリブルのコツを学べます。

 

DVDで紹介している練習内容は、JSCCHIBAでも実践しているものです。今のチームのレベルについていけない、もしくはもっとレベルアップしたいというジュニア世代にピッタリです。また、サッカー少年を持つ親御さんや指導者でも参考になる内容で、サッカー上達法DVDの中でもかなり注目度を浴びています。おすすめのスポーツ教材になります。

東英樹というバスケットボールの指導者

バスケットボールはとても好きなのに、技術が無くて試合に出れずに悩んでいる人も多いでしょう。そんな人のためのプログラムが、東英樹のバスケットボール上達革命です。

 

東英樹のバスケットボール上達革命は、bjリーグアカデミー校長の東英樹さんが考案したプログラムです。決してハードなトレーニングをするのではなく、1人でできるような練習プログラムが紹介されています。そのため、学校でうまく練習する環境が無いという人でも、コツコツと練習を重ねてレベルアップができます。

 

基本は3つに絞られ、「体の使い方」「良い例を理解」「上手くいかない解決策を知る」ということを軸として練習プログラムが考えられています。また、東英樹のバスケットボール上達革命は特に高校生向けというわけではないので、小学生でもDVDを見て勉強することもできますよ。本のマニュアルではいまいち伝わりにくいこともありますが、これなら映像を見ることができるので参考になりますね。

倉林愛一郎に学ぶジュニアテニス

テニスジュニア選手育成プログラムは倉林愛一郎さん監修の小・中学生向けのレッスンDVDです。倉林愛一郎さんは毎年多くのトップジュニアを生み出している育成のスペシャリスト。現在はミナミグリーンテニスクラブの代表を務めています。

 

そんなテニスジュニア選手育成プログラムのポイントは長期の幼児〜中学生までの上達に着目し開発されたことです。つまり、テニスジュニア選手育成プログラムは子供目線で開発された子供の為のテニスレッスンDVDなのです。幼児〜中学生というのは成長の早さにも違いがあるので、体格差に悩む子供が多いです。体格・運動能力だけで優劣が決まる訳では無いので、体格差を理由に勝負を諦めてしまうのは残念ですよね。

 

倉林愛一郎さんは、そんな子供目線の悩みを解決する為のトレーニングを考案してきました。体格差や身体能力の差を意識した練習法であったり、個人の成長期や特性に合わせた練習メニューなどが考えられています。このレッスンDVDはテニスをしている小・中学生はもちろん、その親御さん、あるいはテニス指導者の方にも参考になるでしょう。

清家政和の内野守備ノウハウ

内野守備上達革命は清家政和さん監修の野球レッスンDVDです。清家政和さんはプロ野球選手としては、現役時代は阪神タイガース、西武ライオンズ、ヤクルトスワローズの三球団で活躍しました。現役引退後は西武ライオンズや東北楽天ゴールデンイーグルスで内野守備走塁コーチを務めてきました。そんな指導経験豊富な清家政和さん監修の内野守備上達革命の指導法について紹介します。

 

少年野球の選手でも、物凄く内野守備が上手い選手がいることがあります。守備が上手い人、下手な人の違い、そして上手い人の要因について清家政和さんが内野守備上達革命の中で解説しています。清家さんの指導法はとても分かりやすく、丁寧ですので子供でも理解しやすいでしょう。

 

分かりやすく、丁寧な指導が重要なのは、それが選手が伸びる指導だからです。実際に教える立場の人なら分かるかもしれませんが、いくら指導しても上達しない選手は少なからずいます。上達しない原因を選手に求めがちですが、指導者にも原因があります。指導者はそれぞれの練習内容ついて、しっかり説明し理解させることが重要です。